バイク乗りでなくてもバイクに乗りたくなる漫画「TIGER & BUNNY」

9月 29 2015

バイクとふたり鷹について

ふたり鷹という日本の漫画作品があります。これは新谷かおるによって書かれたもので、これを原作としたテレビアニメも製作されています。この作品は週刊少年サンデーの中で1981年から1985年まで掲載されていました。タイトルは非常に日本映画にありがちなかたいものとなっています。単行本としての出版は全部で19巻となっています。復刻版も刊行されており、これは全部で7巻になります。文庫判も全11巻刊行されています。ふたり鷹は第30回小学館漫画賞を受賞しています。漫画作品では実に始めてとなる耐久二輪レースを主題にした題材作品となっています。そのなかにラブコメディやギャグの要素を盛り込んだ作品となっています。また人の生死や人間関係のアドを重いタッチで描いているという部分もあり、非常にたくさんの人が楽しむことができるストーリーとなっています。連載が始まったときにはなかなか人気が出ませんでしたが、ストーリー構成を考え直す中で少しずつ人気を上げています。そして最終的に週刊少年サンデーを代表する作品の一つになりました。1984年にはテレビアニメ化されています。ストリートライダーとしてローリング族や暴走族を相手にバイクを走らせた人と、レーシングリームに所属しているサーキットレーサーとして生きてきた人が、お互いに耐久二輪レースの世界でライバルとして戦っていくというような内容となっています。そして共に頂点を目指していきます。

Written by admdevo


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です