バイク乗りでなくてもバイクに乗りたくなる漫画「TIGER & BUNNY」

9月 29 2015

750ライダーは僕らの青春でした。

750ライダーは私が小学生の頃週刊チャンピオンに乗っていて毎週買って読んでいました。青春漫画では一番好きなマンガで登場人物の設定も良くてバイクに乗って走り回るだけでは無く、毎回起こるストーリーも良く出来ていたと思います。登場人物で主役の光と委員長の久美子の関係が妙によそよそしくているのですがお互い好き同士で毎回光がへまを起こして怒られると言う設定です。もう一人野崎順平という足が短くてモンキーにのっている兄弟思いの友だちがいて、何時も3人で問題を解決するのですが、光は暴走族では無くて何時も一人です、ただ750のバイクが好きでいつも乗ってるだけです高校生ですけど、ピットインという喫茶点に集まって毎回色んな話題を提供してくれます。10年続いたストーリーも最終回は、光と順平が掃除をしてタイムカプセルを埋めて終わったと思います。余り覚えてはいないのですが、750ライダーの話題は今でも付きませんし、石井先生からあだち充先生に後から変わったと思うのですが、今でも私にとっては最高の青春ドラマでした。

Written by admdevo


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です